アドセンスにサイト追加・審査方法【2020】ワードプレスでコード貼る場所

アドセンスにサイト追加・審査方法【2020】ワードプレスでコード貼る場所 ホームページ作成

Google AdSenseに新しいサイトを追加して広告を表示させたい場合の、申請方法を2020年実際に登録した画像とともに紹介します。初心者や詳しい用語が少ない人でも大丈夫です。

サイトにアドセンスをリンクするために、確認用コードを貼り付ける場所をワードプレス(テーマCocoon)版で紹介します。

アドセンスにサイトを追加する準備

まず、あわてず作業するため、自分のアドセンスサイトと、リンクしたい自分のワードプレスのサイトの管理画面を開きます。二つのページが開いた状態で、アドセンスの方から始めましょう。

ちなみに私がアドセンスに追加するサイトを申請した時点で、記事数は7記事入っていました。

Google AdSenseに新しいサイトを追加する

Google AdSenseに新しいサイトを追加するアドセンスのホーム画面、左のメニューから「サイト」をクリックします。

現在すでに登録しているサイト名が表示されます。画面右上の青いボタン「サイトを追加」へ進みます。

新しいサイトをアドセンスのサイトリストに追加する新しくアドセンスに登録したいサイトのURLを入力します。

「https://」は省いて、~~~.comや~~~.netの部分だけを記入します。

新しいサイトURLを入力入力して次へ進むと、サイトをアドセンスにリンクするためのコードが表示されます。

コードについての説明には、

広告を表示するすべてのページにこのコードを挿入してください。Google によるサイトのチェックが完了すると、サイトに広告を表示できるようになります。

とあり、このコードを貼り付ける場所は、サイトのHTML(タグとタグの間)と書かれています。

アドセンスをサイトにリンクする審査用コードワードプレスでサイトを運営していて「HTML、タグと言われてもなんのことやら・・・」と言う方も大丈夫です。ワードプレスのテーマでは、簡単にこのタグを貼り付ける場所が用意されています。

次に、自分のワードプレスへ移動し設定をします。アドセンス画面に後で戻ってくるので、開いたままにしておいてください。

今回はワードプレスのテーマCocoonの画面で説明しています。別のテーマを利用されている場合は、「テーマ名+アドセンス審査コード貼り付け」などで検索してみてください。

コードをワードプレス(Cocoon)に貼り付ける

Cocoonアドセンス審査コードを入力するアドセンスに追加したいサイトのワードプレス管理画面で、テーマCocoonの場合、Cocoon設定→アクセス解析・認証タブを開きます。

アクセス解析・認証タブで下へスクロールし「その他のアクセス解析・認証コード設定」を見つけてください。

Cocoonアドセンスコードhead貼り付ける場所ヘッド用コード」へ、アドセンスの審査用コードを貼り付けます。

Cocoonの注意書きに「ヘッドタグ()内に挿入する必要のある、その他アクセス解析・認証タグを入力してください。アドセンス認証コードもこちらに貼り付けて、審査を受けるのが最も楽かと思います。」と書いてくださっています。至れり尽くせりのありがたいテーマです。

必ず忘れずに「変更をまとめて保存」を押しましょう。

ここまででワードプレス側の設定は終了になります。

Google AdSense画面で設定完了させる

開いたままにしていたアドセンスの画面へ戻り、「送信」ボタンをクリック。

ここで「リンクできません」となった場合は、コードをワードプレスの正しい場所に貼り付けたか、貼り付けた後「変更をまとめて保存」を押し忘れていなかったか、もう一度戻って確認してみてください。

アドセンスにサイト追加して審査を待つ審査は数日〜2週間ほどかかる場合もあるということで、アドセンス側から審査終了のお知らせが届くまで待ちます。

待っている間にもう広告コードをサイトに入れて準備することができます。まだ審査中なので表示はされませんが、審査が通ると広告がすぐ表示されるようになります。

アドセンスにサイト追加審査の期間

審査は数日〜2週間ほどかかる場合もあると言うことで、アドセンス側から審査終了のお知らせが届くまで待ちます。

待っている間にもう広告コードをサイトに入れて準備することができます。まだ審査中なので表示はされませんが、審査が通ると広告がすぐ表示されるようになります。